格安スマホは解約すると解約金がかかる!?乗り換え時にかかる料金をまとめてみた。

格安スマホは解約すると違約金が発生しますか?期間と金額などをまとめて教えてほしいです。。
格安スマホは解約金(違約金ともいう)があるものとないものがあります! 購入前に必ずチェックしておいたほうがいいでしょう。

格安スマホにも解約金?そのルールと実情

 

キャリアスマホ(docomoなど)には解約金がつきものですよね。

2年間の契約期間内に解約すると1万円以上かかることがほとんどです。

その解約金が払いたくないがために格安SIMに乗り換えることを躊躇することも少なくありません。

では、格安スマホに解約金というのもはそもそも存在するのでしょうか。

調べてみました。

【格安スマホ】乗り換えや解約にかかるお金とは

 

格安スマホのメリットとして、

基本的には解約金は発生しません。

MNP転出手数料がかかりますが、

しかし、MVNO自体にかかる解約金はありません。

通話SIMの場合はその点でも注意が必要ですが、データSIMの解約金は全くかからないので安心です。

キャリアスマホと違って気軽に始められるのが格安SIMの特徴です。

しかし、

格安SIMは解約金はないですが、乗り換え時にはお金がかかります。
例えば以下のようなもの。

  • SIM発行手数料…400円ほど
  • 事務手数料…3000円

また、乗り換え時にかかるお金として上げられるのが、

  • 残ったスマホ代(新しいスマホを分割で支払いをしている場合)
  • MNP転出手数料…3000円

これはキャリアだろうと、格安スマホだろうと変わらないですね。
残ったスマホ代はもちろん払う必要がありますし、MNP転出料(電話番号を引き継ぐための事務手数料)は必ず必要です。

その時のキャンペーンなどによって変わりますが、ポイントで還元されたり無料になる時期もあるのでチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です